ゴム事業部

ゴム事業部Rubber Business Unit

あらゆる分野で活躍するゴム製品

ゴムは、タイヤをはじめベルト、ホース、ロール、シールなど自動車・IT関連機器を始めあらゆる産業分野で使用されています。
ゴム事業部では1952年に当時世界有数の合成ゴムメーカーであるカナダのポリサー社の総代理店となって以来、同社の各種合成ゴムとその加工技術を国内に紹介し、わが国ゴム工業の発展に寄与してきました。
ポリサー社のゴム部門は1990年に世界的企業のドイツ・バイエルAG社の傘下に入りました。さらに、2004年にはゴム、高機能化学品のメーカーとしてランクセス社が設立されました。当事業部では工業用ゴム部品などに用いられるハロゲン化ブチルゴム、レギュラーブチルゴム、耐油性に優れたニトリルゴム、耐油/耐熱性に優れた水素添加NBR、耐候性に優れたEPDM等、これまで以上に幅広く、高品質の合成ゴムを市場へ供給しています。

国内外への幅広い供給体制

また、当事業部では三井化学、東レ・ダウコーニング、東ソー、クラレ、スリーエムジャパン、大阪ソーダ等の国内一流化学メーカーの代理店として、EPDM、シリコーンゴム、ポリクロロプレンゴム、ポリイソプレンゴム、フッ素ゴム、エピクロルヒドリンゴムなど汎用ゴムから高機能ゴムまで幅広く市場に供給する役割を担っています。
加えて、海外よりKaMin社のカオリンクレイ、Kentucky Tennessee Clay社のハードクレイ、Technical Processing社の加工助剤、SI Group社のアルキルフェノール樹脂、Cray Valley社の液状ポリブタジエン等のゴム業界への供給窓口として輸入販売業務にあたっています。

グローバル市場への展開

あらゆる産業の生産拠点がグローバル化し、海外の各地域で様々な原料需要が強まっております。
従来の米国ニューヨーク、泰国バンコクの現地法人に加え、2003年12月には中国において三洋物産貿易有限公司を開設し、さらに2004年10月には三洋東知(上海)橡膠有限公司を設立致しました。成長する中国市場でのゴム材料の輸出入及びコンパウンド事業に注力していきます。また2010年には越南ホーチミンに、2012年には印度ニューデリー及び香港に現地法人を設立しました。

当事業部ではグローバルな視点に立ち、各国での在庫販売や輸出入など供給体制の構築及び強化を図ってまいります。

高い技術と品質改善

技術革新が進む中、自動車・IT関連機器・OA機器用などのゴム部品では機能性の向上が求められ、使用する原料に対する品質基準はより厳しいものとなっています。
当事業部としては、取引先のニーズを先取りし、既存商品の品質改善を図っております。また、新規開発商品として環境対応型可塑剤、樹脂添加剤や医療機器材料の取り扱いを開始し、質の高い技術サービスとグローバルな関連情報の提供に務め対応していきます。