最新情報

携帯型ラマン NanoRam セミナー

PIC/S対応における製薬原料の全数検査と分析法バリデーションについて全国の各会場で解説いたします。

 

携帯型ラマン NanoRam セミナー

山形会場 2015年11月26日、大阪会場 2015年12月1日、富山会場 2015年12月2日

静岡会場 2015年12月10日、東京会場 2015年12月11日、福岡会場 2016年2月吉日

 

国内省令や施工通知として製薬原料の全数検査は義務化されてはいませんが、全数検査を行わない場合にはその根拠を示すことが要求されます。根拠の手法としては、サプライヤ管理での説明は難しいことが分かり、各製薬工場ではリスクベースで考えた実現可能な範囲での運用が開始されるようになりました。

 

本セミナーでは、製薬工場の品質管理部門の方向けに、ワークショップ形式でセミナーを開催することで、実際の運用方法の全体像や実機を用いた作業性をご確認いただける内容での開催を予定しています。

ご多忙中とは存じますが、是非ともご来場賜りますよう、お願い申し上げます。