代表挨拶

「最適解への挑戦」をスローガンに、国際社会の永続的な発展と従業員の幸福を共創する企業を目指します

代表取締役社長 増本正明三洋貿易は、1947年の創業以来、堅実と進取の精神のもと、わが国産業界への優良な各種原材料や機械機器類などの輸入販売を中心として、70年以上にわたり国内外で産業の発展と人々の生活向上に貢献してまいりました。

現在当社グループでは、ゴム、化学品、機械・環境、産業資材、科学機器の5事業部門と国内外子会社が市場ニーズに即応した商品を提供し、お取引先から高い評価をいただいております。
わが国経済は、企業収益や雇用・所得環境の改善が続く中で個人消費にも持ち直しの動きが見られるなど、緩やかな回復が続いていますが、一方で米中貿易摩擦や金融資本市場の変動の影響などにより、不透明感も増しています。

当社では、この様な国内外の不透明な経営環境はリスクである一方、新しい事業機会をもたらすチャンスでもあると捉え、時代の変化に柔軟に対応してまいります。

第73期のスタートにあたって、当社では経営理念の見直しを行い、「最適解への挑戦」をスローガンとして理念体系を再構築いたしました。更に、2015年に発表したVISION2020について、その数値目標を前倒しで達成したことも踏まえ、2023年に向け確実な成長発展を見据えた新たな長期経営計画”VISION2023”を策定いたしました。この新経営理念およびVISION2023のもと、全社一丸となってお客様にとっての最適解を追求し、国際社会の永続的な発展と従業員の幸福を共創する企業を目指してまいります。

 

代表取締役社長 新谷正伸