社会

社会

人権

基本的な考え方

当社では、三洋貿易グループ行動基準マニュアルにおいて「人権を尊重し、人種、国籍、性別、宗教、信条などに基づく差別、妊娠・出産・育児休業・介護休業等に関するハラスメント、セクシャル・ハラスメント、パワー・ハラスメントを行わない」と定めています。
社員一人ひとりが能力を発揮し、安心して仕事に取り組めるよう、常に健全な職場環境を維持することに努めております。

ハラスメント防止に向けた取り組み

相談窓口の設置

「三洋貿易グループコンプライアンス相談窓口」を社内外に設置しております。ハラスメントに関する通報および相談があった場合は事実関係を速やかに調査し、被害者の救済と行為者の懲戒など再発防止に向けた断固たる処置をとります。
「三洋貿易グループコンプライアンス相談窓口」は、雇用形態を問わず、当社グループで働いているすべての役員および従業員が利用することができます。また、通報対応業務従事者が通報者を秘匿する義務、通報者を探索することの禁止、通報者に対する不利益取扱の禁止などを定め、通報および相談を行う者が不利益を被ることなく安心して情報提供できる制度と位置付けています。
また、社内ポータルサイトへの案内掲載や、研修・eラーニングの開催時に併せて紹介することにより、社内周知にも努めています。

教育

すべての役員および従業員を対象に、ハラスメントに関する理解促進と社内の意識向上を目的とした研修やeラーニングを実施している他、無意識の偏見(アンコンシャスバイアス)を払拭するための研修を適宜実施しています。

ステークホルダーとの対話

当社ホームページでは、お取引先、一般の方など広くステークホルダーを対象にお問い合わせフォームを設置しています。
皆様からのご意見・ご提案等を、顧客満足度の向上やステークホルダーの理解促進、リスクの未然防止等に適宜反映しております。


人材育成

基本的な考え方

当社は「人材への投資」を長期経営計画の基本戦略の一つに掲げ、グローバルに活躍できる人材の育成を目指しています。
役割等級制度・評価制度の見直しにより社歴や年齢にかかわらず社員がやりたい仕事や報酬を得るために何をすべきかを考え行動する社員へと意識改革を進めています。
社員が自らのキャリアを考え、活躍できる人材になるために、研修制度についてもグランドデザインの大幅な見なおし、プログラムの拡充により、人材への投資を強化しています。また、社員が多様な人々と向き合うためのマインドとアクションを学び身につけるユニバーサルマナー検定を受講しています。

研修制度『Sanyoアカデミー』

社員の継続的な成長を様々な方向から支援し、社内外から常に必要とされる人材となるための基盤です。
すべての社員が、新たな仕事やテーマにチャレンジするための知識、スキルを獲得し継続的に成長できるよう時間、場所、受講方法等の多様性を確保しています。

  1. 階層別研修
    • 新入社員研修:新入社員については、社内で各事業部の取引概要の説明や管理部門による基礎知識に関する研修を実施するほか、外部研修も実施。
    • 入社2・3年目フォローアップ研修:入社後から現在に至るまでに感じた苦労や学び等を棚卸し、セルフコントロールによって自らの成長や働き方を啓発する研修。
    • 管理職/役員研修:各マネジメント等級(GL、部長、事業部長)ごとにその等級に相応しい知識や思考を学ぶ研修を実施、また、役員に対しても経営幹部としての知識を会得する研修を実施。
  2. 選抜研修
    • NY英語研修:若手総合職の希望者の中から選抜し、米国(ニューヨーク)での1ヵ月間の研修を実施しています。現地での語学研修により、グローバルに活躍するための語学力習得を支援する。
    • 海外研修:中国・タイ・ベトナムなどの拠点で1年間の派遣型研修を実施しています。現地での実務にあたるほか、語学学校への通学など、1年という期間で最大限成長できるよう、全面的にバックアップする。
      また、中堅社員向けには、新規事業の開拓に向けての調査等の第1歩を踏む出す自主的な行動を促進するため、事業開拓調査派遣を実施している。
    • プレマネジメントスクール:管理職手前の等級を対象とし、少なくとも部下を持つマネジメント職には必要な素養を身に付ける。
    • マネジメントスクール:将来の経営者候補として、会社経営・組織マネジメントの基礎を総合学習する。および、研修を通じて、将来的な経営者になり得る素養を会社側が可視化できるようにする。
  3. 選択研修
    • 選択式研修(外部研修):各等級の役割定義をベースに受講できる研修を選定、その中から各個人が希望する研修を選択し受講できるようにし、求められる役割に対し不足しているスキル等を補完する。
    • eラーニング:業務スキル、対人関係スキル、資格取得サポート、与信・会計等の専門領域など各種講座の中から任意で受講。
  4. 年代別研修
    • キャリアデザイン研修:年代ごとにキャリアについて考える機会を与え、キャリア自律を促進する。
  5. 赴任時研修
    • 新任国内・海外グループ会社社長研修:内外拠点の社長として必要となる知識の習得。

ダイバーシティ&インクルージョン

基本的な考え方

当社グループは、性別や国籍、年齢等の違いだけでなく、さまざまなバックグラウンドや、多様な価値観を持つ社員が在籍しています。事業の多様化、グローバル化が急速に進む中、当社グループミッション「堅実と進取の精神、自由闊達な社風のもと、柔軟かつ迅速に最適解を提供し、国際社会の永続的な発展と従業員の幸福を共創する」の実現には、多様な人材がいきいきと活躍することは必要不可欠です。
商社である私たちにとって、最大の財産は人材、すなわち多様な人材、多様な知が集結し、新たな価値を創造する会社であるためにダイバーシティを重要な企業戦略として位置づけています。

Sanyo Work Style

時間、場所に制限されず、常に最大限のパフォーマンスを発揮できるしくみです。テレワーク、時差出勤(最大2時間の幅)によるメリハリのある働き方やエブリデイカジュアル、フリーアドレスによる快適性の実現で社員のいきいきポテンシャルを引き出します。
年度毎に設置される様々な委員会活動は、多様な社員の多様な働き方を自由に提案し、具現化することですべての社員が相互に尊重して働き続ける環境を整えていきます。

すべての社員が継続的にキャリアアップできる仕組み

長く安心して活躍できるよう教育制度や、働く環境の整備に力を注いでいます。所定勤務時間が1日7時間であり、自身の生活や学びに充てる時間を確保できます。
育児休業は最大2年間、復職後も時短勤務が可能であり子育て世代の働きやすさを確保します。
子の看護休暇、介護休暇を全日・半日・時間単位で取得できるなど、妊娠・出産・育児や介護と仕事が両立できる環境を整備しています。子がいる社員に対しては、ベビーシッター利用にかかる費用を会社が補助しており、子の家庭内における保育や世話および保育所送迎の負担を軽減しています。

採用・育成及びローテーション等による多様性確保、マインド醸成

女性総合職の継続的採用を行っており、海外研修、語学研修等のスキルアップの機会を設けております。
総合職・エリア総合職に職種転換意向がある業務職に対しては、職種転換を選択できるよう職種転換基準を設けており、女性社員のキャリア構築に努めています。
総合職においては組織運営を担うマネジメント職と高度な専門性・スキルを発揮するスペシャリスト職2種類のキャリアを提供しており、本人の意思でいずれかのキャリアを選択できるようにしています。
海外グループ会社の拡大に伴う現地社員採用の拡大、外国人社員の本社登用等も進めています。M&Aを通じてグループとなった会社においては、相互での出向による人材交流を通じて、キャリア、知識のダイバーシティを図っています。
なお、社内のプロジェクト活動の一環として、公募で集まった委員で構成するD&I推進委員会を定期的に開催しています。性別・年齢を問わず、多様な人材の多様な働き方を実現するための制度・施策を企画検討し、経営に提案する場を設けています。経営に承認された制度・施策については、所管部署である人事総務部が運用定着をはかり、実行性を担保しています。


健康経営・労働安全衛生

健康経営方針

基本的な考え方

三洋貿易にとって、意欲ある多様な人材の活躍のためには、社員一人ひとりの心と身体の健康が重要であると考えています。心身ともに健康な社員が、高い意欲を持ち、新たな価値を生み出すことにより、商材発掘と安定供給を通じて、心豊かな暮らしの提供に貢献するという考えに基づき、「三洋貿易健康経営宣言」を定めました。
三洋貿易は、この宣言に基づき、会社として健康経営の取組みを推進し、 「最適解への挑戦」 を実現してまいります。

三洋貿易健康経営宣言

  • 職場環境の整備:三洋貿易は、社員が安全安心に、健康でいきいきと働ける職場環境を整備してまいります。
  • 健康意識の醸成:三洋貿易は、社員の心身の健康に対する意識を高め、さまざまな健康活動への取組みを支援します。
  • 未来への責任:三洋貿易は、社員の健康保持・増進に向き合い、組織の生産性を高め、持続的な事業成長をはかってまいります。
健康経営組織体制

当社は、サステナビリティ委員会の分科会として、経営課題の解決につながる社員の健康管理に関する課題の特定と解決を目的とする「健康経営推進委員会」を設置しています。 委員長は人事総務部長とし、協議事項は、サステナビリティ委員会経由で取締役会に報告しています。職場環境の安全、衛生面の課題を抽出し、改善施策の検討へ適宜反映しているほか、長時間労働者に対しては本人に対し、必要に応じて産業医の面談受診を勧奨しています。

健康経営組織体制

当社の健康経営の取り組みが評価され、2023年12月5日には健康保険組合連合会東京連合会より、健康保険組合と協力し、健康づくりの取り組みを積極的に行っている会社として、健康優良企業「銀の認定」を受けています。

仕事と介護の両立

当社は介護の為にやむを得ず社員が離職することを防止するために、仕事と介護を両立できる職場環境の整備を図っており、仕事と介護を両立できる職場環境の整備に取り組んでいる企業が使用できる、厚生労働省認定「トモニン」マークを取得しています。

トモニンマーク
社員およびお客様の安全性確保

自然災害、感染症等に対しては、社員及び社員の家族の健康、安全確保を最重視し、個人の判断にゆだねるのみならず、積極的なテレワーク(Sanyo Work Styleとして実施)への切替や自宅待機について会社として指示を出します。
また、各種感染症に関しては、必要に応じて対策キャンペーン(予防接種、検査キットの提供など)を行い、社員自身のみならずお客様を感染拡大から守るよう努めています。


地域社会(社会貢献活動)

社会貢献活動基本方針

三洋貿易グループは、グローバルで事業を展開する「良き企業市民」としての役割を自覚し、役職員一人ひとりの社会貢献活動を奨励・支援するとともに、事業活動で培った当社ならではの活動に積極的に取組むことで、地域社会・国際社会との調和を図り、ビジョン(あり姿)である「世の中の課題解決に貢献し、人と地球の笑顔をつくる」の実現を目指します。

主な取り組み
  • ブリッジフォースマイルへの支援
    児童養護施設から社会に巣立つ子供たちの自立支援をサポートするため、認定NPO法人「ブリッジフォースマイル」の活動を支援しています。
    ブリッジフォースマイル
  • 次世代教育支援
    次世代の教育支援として、和牛を飼育する全国の農業高校の生徒、「高校牛児(ぎゅうじ)」たちが、自分たちで育てた和牛の肉質と日頃の取り組み内容を競う和牛甲子園へ協賛しています。同大会は、就農意欲の向上や高校生同士のネットワークの創出と意欲と技術の向上を図ることを目的としています。
  • 社員のボランティア参加支援制度の導入
    ボランティア活動への参加を促進するため、ボランティア休暇制度、およびボランティア情報提供サービスを導入しています。