LiDAS

子供の置き去りを検出するための
センシングソリューション(バス用)

LiDAS

LiDAS

バスの車内に取り残された子供を
検出するためのシステム

園児をバスで送り届けた後、園児が降車したかを目視確認だけに頼るのは十分ではありません。ヒューマンエラーを最小化する為に、IEE社はLiDAS(Life Detection Assistance System)を開発、2020年よりアメリカにて市場導入を開始しました。

三洋貿易は、このIEE社のLiDASで日本各地の地域社会全体の安心に寄与するソリューションをご提案致します。

ご相談・お問い合わせはこちら

世界初の車載用子供置き去り検知センサー(バス向け)

LiDASの特徴

LiDASの特徴

  • バス用の子ども置き去り検知システム
  • 乗員の動きを検知する乗用車向けレーダーセンサー
  • 既存の車両に後付け可能
    *専門架装業者による取付けが必要となります
  • 車内での乗員の置き去りを検知し、アラームを発します
  • 毛布の下にいる寝ている乳児の呼吸による微細な動きを
    検知できるほどの精度
  • 国内導入に向けて準備中
    ※リリース予定 2023年度中

なぜ私たちのシステムを選ぶのか

01

高い信頼性

バス用の子供置き去り検知センサーとして世界初の市場導入。信頼性の高い技術で、確実に乗員を検知します。

02

コミュニティーの安心感

園児のバス降車時の意図しないヒューマンエラーを減らす事が可能。センシング技術で地域の子供を守るお手伝いをします。

03

後付けが可能

既存のバスへの後付け施工が可能。
※2023年度中の日本導入を目指し、詳細調整中。

PageTop