VitaSense

子供の置き去りを検出するための
センシングソリューション(乗用車用)

VitaSense

VitaSense

乗用車の車内に取り残された子供を
検出するセンサー

2020年、世界初の車載子供置き去り検知センサーを
量産化しました。IEE社は10年以上前から子供が車内に
取り残され、熱中症のリスクにさらされている事の問題を認識していました。
米国だけでも毎年平均37人の子供が車内での熱中症で
亡くなっています。その多くは、保護者が子供の車内放置を認識しない状態で発生しています。

三洋貿易は、この社会的課題をIEE社のセンサー技術で防ぐソリューションをご提案致します。

ご相談・お問い合わせはこちら

世界初の車載用子供置き去り検知センサー(乗用車向け)

VitaSenseの特徴

VitaSenseの特徴

  • 乗員の動きを検知する乗用車向け
    ミリ波レーダーセンサー
  • 車内での乗員の置き去りを検知し、
    様々な警告を発するきっかけとなる
  • 毛布の下にいる寝ている乳児の呼吸による
    微細な動きを検知できるほどの精度
  • 小型で車室内天井裏に搭載可能

なぜ私たちのシステムを選ぶのか

01

高い信頼性

車載子供置き去り検知センサーとして世界初の量産化。信頼性の高い技術で、確実に乗員を検知します。

02

Euro NCAPに適合

2023年から始まるEuro NCAPの評価プログラムに準拠。欧州のアセスメントプログラムでの最高加点が受けられます。

03

カスタマイズ

ニーズに応じたセンシングのカスタマイズが可能。独自の検出アルゴリズムのカスタマイズで対応します。

PageTop